SpongeBob's Adventures

スポンジボブ、オリーブ油について学ぶ

スポンジボブは健康にいいものについて学ぶのが大好きです。最近はオリーブ油に興味津々です。エキストラバージンオイルに含まれるオレオカントールという物質に抗がん作用があるという記事を最近読みました。科学者たちが発見したのは、オレオカントールががん細胞をどのように殺すかだけでなく、健康な細胞を保存しながらそうすることを知りました。 記事にはこうあります:科学者たちがまず驚いたのは、オレオカントールがどれほど速くがん細胞を殺したかということです。アポトーシスが効力を発揮するのに16-24時間かかるのに対し、オレオカントールはがん細胞を殺すのに30分から1時間しかかかりません。この事実は科学者チームに他にも何か働きがあるのではないか、と考えさせました。 オレオカントールががん細胞のペシクル(細胞のゴミ箱)を直接突き刺していることを発見しました。これら”ゴミ箱”を突き刺すことにより、たくさんの酵素を出し、細胞が死ぬようになります。 スポンジボブはこの記事を読んだ後、オリーブ油をたくさんかけたサラダを食べることにしました。それに中国に住んでる友達も美味を楽しみ、益が得られるようにオリーブ油を持っていくことにしました。 このオリーブ油を試してみたい方はここで購入できますよ。www.loewe.com.au/category/4664/olive-oil/

スポンジボブ、詰まっちゃった

スポンジボブの旅行好きはみんな知ってますが、最近彼が行ったのは変わったところです。サウジアラビアに行った時、16ヶ月の男の子の口の中に入って行きました!この男の子はスポンジボブを一口食べてみたかったそうです。 キング・アブドゥルアジーズ大学病院の放射線医師Ghofran Ageelyは、この男の子のレントゲン撮影をしました。最初の撮影で側面を見ると、細いヘアピンのようなものがこの幼児ののどに引っ掛かっているのを見ました。 そして正面からの画像を見ると、スポンジボブが真正面からじっとこっちを見てるのに気づきました。 「叫んじゃいました。見える画像に驚いたのです。スポンジボブのそばかす、靴や指…全部見えるの!」と。 このスポンジボブはこの幼児のお姉ちゃんが持っているネックレスのペンダントだったようです。しかも、お医者さんたちは安全にのどからこのスポンジボブを除き去ることができました。 スポンジボブは彼本人ではなく、ネックレスのペンダントが飲み込まれたと聞き、安心しました。それにこの男の子が元気にしてるって聞いて安心しました。彼は子供達にお願いがあります:スポンジボブやスポンジボブに似ているものを口に入れないで下さい。スポンジボブが言うように:「僕は美味しくないから」  

抗酸化物質

抗酸化物質は活性酸素が及ぼすダメージと戦い、肌や体細胞を守る働きがあります。活性酸素による損傷は太陽光、汚染、たばこの煙、危険なダイエットや治療法また他の環境要素により起こります。私たちは抗酸化物質をある食品を通して吸収することができますが、私たちの肌は口から取り入れる抗酸化物質が作用する一番最後の場所なので、特別な保護とケアを必要としています。 自然な、健康体の細胞はたくさんの電子ペアに囲まれています。電子同士の拘束が緩くなって電子が離れると、不安定な電子は新たな分子を盗んで、自分を安定させようとします。これが連鎖反応を引き起こし、年をとるにつれ、損傷は深刻化し、修復不可能になります。 抗酸化物質は不安定な電子に自分の分子を分け与え、さらなる酸化とDNAへの損傷を阻止して、清掃のような役割を果たします。私たちの体は毎日一定の内外から取り入れられる抗酸化物質を必要としています。研究によると、抗酸化物質は老化を遅らせ、食べ物を通して得られる抗酸化物質は様々な疾患と戦い、細胞の再活性化を助ける働きがあります。  

健康にいい赤ワイン

By N.Hutton 考古学によると、ワインは古代エジプト、ギリシャ、アラブまた中国で飲まれていたそうです。実際1960年代にイランのHajji Firuz Tepeで、7000年前のワインの残りが発見され、ワインが製造されていたという最も古い考古学的証拠となりました。このテラコッタ(素焼の焼き物)の中に入っていたそうです。   ワインが歴史的遺産であるということに加えて、特に赤ワインにはあるとても栄養価の高いものが入っていることが発見されています。それは、ポリフェノールです。ポリフェノールは他の栄養素のように細胞を作ったり修理したりする作用ではなく、細胞をフリーラジカルや酸素ラジカル(これらは環境から発生したり、普通の細胞の働きによって生産される)から保護する作用があります。これらのラジカルは、細胞やDNAを破壊し、体に有害な影響を及ぼします。 ポリフェノール化合物、フラボノイド、フラボンまたアントシアニンはまとめて老化防止剤と呼ばれています。最近の研究によると、他のアルコール飲料よりも、赤ワインに含まれる老化防止剤を通して心臓を保護する働きが大きいそうです。赤ワインを飲むと、HDLレベル(善玉コレステロールで、コレステロールを集めて、動脈から除き、また血液を凝固させるフィブリンを減少させる働きがある)が増加します。でもアルコールは脂肪と同じカロリー量があります。赤ワインの栄養価を取り入れるには、適度に飲むことが勧められます。 また、赤ワインから最大限の益を得るには、オーガニックワインを選ぶことが勧められます。オーガニックワインには私たちを守ってくれる老化防止剤の働きを減らす化学品や保存料が含まれていません。 HaifarmとTemple Breuerは質と味において格別です。オーガニックで、保存料も含まれておらず、25種類もあり、お手頃なお値段です。詳しい情報はこちらでどうぞ。  

スポンジボブ:ロンドン塔に行く

イギリスの変わりやすい天気にもまけず、スポンジボブと私はロンドンの中心部にあるロンドン塔のクラウンジュエルを見る旅に出掛けました。スポンジボブは大きい帽子をかぶっている衛兵を見て怖くなりました!だけど、いろんな宝石を見るのは大好きです。残念なことに安全問題のため、ロンドン塔では写真撮影は規制されており、宝石貯蔵所は写真撮影禁止です。王室のウェブサイトから写真を見つけたので、そこを見て下さい。王冠もすごくいいですが、宝石はもっと魅力的です。スポンジボブのお気に入りは王冠にはめられているカリナンダイヤモンドです。実は私のお気に入りも同じなんですけどね! カリナンダイヤモンドは世界で一番大きいダイヤモンドで、3106.75カラット、10.1センチの大きさです。南アフリカで1905年1月26日に発見されました。このダイヤモンドをカットしたものの中で最も大きいのは“カリナンI”または「偉大なアフリカの星」と名付けられており、カリナンⅠは王室の王笏に十字架とともに付いています。二番目にカリナンからカットされたのはカリナンⅡまたは「アフリカの二番目の星」と名付けられており、317.4カラットの大きさで世界に四番目に大きいカットされたダイヤモンドです。二つとも英国王室所有の宝石です。 コ・イ・ヌール、これは“光の山”としても知られていて、インドのアーンドラ・プラデーシュでもう一つのダイヤモンド、ダルヤーイェ・ヌール(“光の海”)とともに発見されました。このダイヤモンドは様々な王族によって所有されていました。例えば、ムガール帝国、アフシャール朝、ドゥッラーニー朝、シクそしてイギリスです。戦時中の戦時品として何度も奪われてきました。1850年、イギリス東インド会社によりシク帝国からこのダイヤモンドは没収され、1877年ビクトリア女王がインドの女帝に即位したときに英国王室の宝石の一部となりました。 . ロンドン塔はイギリスの歴史において大きな役割を果たしてきました。何度も征服され、これを制御することは国を統治することと深い関係がありました。塔は防塞、宝石貯蔵所、動物園、英国王立造幣局、公文書館また英国宝石貯蔵所といった役割を果たしました。大英帝国王冠は31.5センチの高さで、0.91キロの重さで、317カラットのカリナンⅡも含まれる3000もの宝石で飾られています。

Bloogleの家族を探しに宇宙へ

スポンジボブはすごく興奮しています!今まで旅したことない場所に行くことになりました!宇宙です! コーネル大学航空宇宙工学科の卒業生であるZac Manchesterはこの数年小さくて、安い宇宙飛行船「スプライト」を共同製造してきました。スプライトは低い高度で地球を巡回する通信衛星システムのなかに組み込むことができます。このプロジェクトはクラウドファンド出資で、個人宇宙飛行をするためのプロジェクトの一部です。効率的に、また経済的に自分の衛星を所有し運行することができます。 「スプライト」は切手を何枚か合わせたくらいの大きさなのに、中には太陽電池、トランシーバまた記憶装置とセンサーが付いてるマイクロコントローラ(小さいコンピュータ)がついています。その能力は大きな宇宙船の中にあるべきものですが、これはそれの縮小版です。初回版はいくらかのデータと名前を送ることしかできませんが、スポンジボブはこのプロジェクトに参加できることをすごく喜んでいます!   「私の目標は宇宙飛行の費用を下げ、好奇心旺盛な高校生から地下室で実験してる人、またはプロの科学者が今までは政府や大きい会社しかできなかったことをできるようにすることです。宇宙船を小さくすることで、一回の発射にいろんなものを乗せることができ、費用を分割することができます。簡単で、お手ごろな価格で宇宙を探検したい人誰もがそうできるようになればいいなと思っています」 -Zac Manchester スポンジボブが宇宙に行く目的は彼の友達で同僚でもあるBloogleの失われた家族と友達を探しに行くことです。Bloogleとは2012年から知り合い、二人はずっと彼はどこから来ているのか探そうとしていました。スポンジボブはBloogleの名前を宇宙に送り、地球圏外の生物から返事があるか試してみようと思います。 この宇宙飛行船は2014年2月22日に発射する予定です。  

Copyright © 2017 Sponge Blog Square Pants Australia | Sponsored by Omniconnect Telecommunications